引越し相場が変動する!大きく影響するポイント

引越し料金は様々な要因によって変化します。そこで、引越し料金に大きく影響するポイントをまとめてみました。

 

引越し料金の基礎知識の1つ目として、季節変動が大きいということです。新学期や転勤、移動の時期にあたる3月や9月は料金が高くなります。また、週末は平日よりも割高な料金設定になっています。

 

引越し料金の基礎知識の2つ目は、当然のことですが引越しする荷物の量に依存します。荷物の量は体積で計算します。単身の場合はたいだい10立方メートルくらになります。引越しの機会に買い替えるものなどを検討して、大きな荷物を減らすことで引越し料金を安くすることができます。

 

そして、引越し料金の基礎知識の3つ目になりますが、引越しする距離に応じて、引越し料金も高くなります。近場よりも遠くへ、離島への引越しなどは非常に料金が高くなります。裏技的な方法ですが、同じ日に同じ方面への引越しがあると、1つのトラックに便乗して荷物を運搬するので、引越し料金を安くすることが可能となります。もちろん、荷物が多く、1台のトラックを一杯一杯使うようであれば、この技を使うことは出来ません。

 

最後の引越し料金の基礎知識ですが、引越しに関わる人数が増えるほど、料金は高くなります。基本的には3名で行いますが、荷造りから荷ほどきまで全部お任せするようなパックにすると、そのための人員が配置されますから、引越し料金も高くなります。荷造り・荷ほどきは自前でするのが引越し料金を安くするコツです。これは引越し単身の場合でも同じですので覚えておいて損はありません。

 

3月の引越し料金はとにかく高い! 少しでも節約するには?

3月は移動をする人が多いのが日本の社会です。これにつれて引越し料金は1年で一番高くなります。できれば3月に引越しをするのは避けたいところですが、しかし新しい生活に向かうために引越しをする人がほとんどでしょうから仕方ありません。少しでも料金を安く節約するために引越し料金の基礎知識について詳しく記載します。

 

引越しが決まったら新居のことを決めないといけませんが、それと並行してすぐに引越し業者に見積もりを依頼しましょう。引越し料金の基礎知識ですが、見積もりは最重要です。サイトでの見積もり、電話での見積もりとありますがおすすめは実際に営業マンに家に来てもらうことです。面倒でも料金の値下げ交渉を対面でしっかりと行うことなのです。

 

これでずいぶん安くなりますので。引越し料金の基礎知識になりますが、この料金は距離、荷物量、日程で大まかなところは決まります。新居が決まっていなくてもだいたいの地域がわかっていればOKです。

 

しかし、日時はできたら見積もり時に決めてしましましょう。実はこの日取りというのが料金にかなり影響してきます。3月下旬の土日などは一年でもっとも高額な日です。業者はほとんど値引かないでしょう。2日かかるならせめて一日を金曜日か月曜日にずらしてください。しかも大安は平日だとしても高いです。荷物も見積もりより前に不用品は処分して部屋をすっきりさせておくと見た目が違うでしょう。

 

あとはダンボールを再生品にすると安くなるという業者もあるので交渉してみましょう。サービスオプションはあると便利なものですが、奥様とよく話し合って必要なければつけないなどとすると料金を抑えることができるでしょう。最後に、料金が安ければいいというものではないので、しっかりと他社と比べて引越し費用 目安を掴み、納得のいく業者に頼みたいものです。