引越しには欠かせない手続き

転出届けの手続きについて

転出届けの手続きですが、先ず同じ市区町村内で引越しを予定されている方は必要ありません。この場合は「引越し後に転居届けを所轄の市役所や区役所に提出」する事になります。現在お住まいの市区町村外にお引越しされる方は引越しの14日前から当日までにこの転出届けを現在お住まいの役所に提出する必要があります。お引越し後14日まででも受け付けてくれますが後でこれをやると非常に面倒です。出来るだけ早い時期に転出手続きは済ませておきましょう。

 

この時必要な物ですが、身分証明書(免許証など)、印鑑(認印)、印鑑登録証または印鑑登録カード、国民健康保険に加入の方は国民健康保険証の基本4点を現在お住まいの管轄役所へ持っていく事になります。印鑑登録の廃止や国民年金の手続きなどもここで一括して行います。職員さんの案内に従って進めればまず問題は無いでしょう。注意すべき点ですが、お引越し先の住所がはっきりしてから手続きに入ると言う事です。決まっていませんと受理してもらえず二度手間になりますのでご注意下さい。また転出日を書く欄がありますがこれは実際のお引越し日で良いでしょう。

 

あまり早くに設定して病気になったりなどした場合、保険証の変更が間に合わず後で病院への支払い手続きが煩雑になったりするなどと言った事も起こり得ます。それからご本人がこの手続きを行えない場合でご両親やご兄弟などに代理で手続きしてもらう場合はご本人からの委任状が必要となります。大抵は管轄の役所のホームページでダウンロード出来ますが、そうでない場合は電話で問い合わせて見ましょう。またその際に詳しく転出届けの手続きについて聞いておけば後で楽になるかと思います。引越しで所轄の市区町村役場に行く回数は、基本的に転出元、転出先の2回で事足ります。何度も足を運ぶことが無い様に出来るだけ手続きは一括で済ませる様にしましょう。

 

ガス会社・水道局・電気会社への連絡をしましょう

引越しが決まったら、引越しの1ヶ月くらい前を目安にガス会社・水道局・電気会社に電話をしましょう。引越しが急遽決まってしまった場合でも対応はしてくれますので、その旨を伝えましょう。それぞれ解約手続きに際して質問されますので、電話を掛けるまえに準備しておくとスムーズに話ができます。聞かれる内容は、契約者名、使用番号、現在の住所、電話番号、使用中止希望日、移転先の住所、料金の支払い方法などです。ガスの場合はこれに現在住んでいる建物の形態と、立会いが必要になる場合には希望時間も聞かれます。使用番号はそれぞれの毎月の請求書に必ず記載されていますので、前もって控えておくといいと思います。

 

また、ご家族の場合は契約者名も予め確認しておきましょう。現在の住所は何も見ずに言えると思いますが、新住所は頭には入っていませんよね。これも手元に用意して置いてください。

 

水道・電気の場合は立会いは必要ありません。引越す際に、自分でブレーカーを落とす、または全ての蛇口を閉めれば大丈夫です。しかし、ガスに関しては立会いが必要となることが多いので、引越し当日の予定を考え、立会いの希望時間を伝えましょう。引越し業者が来る時間が決まっているのであれば、それより少し早く立会いを済ませると、引越しがスムーズに行きます。

 

 

また引越し先が今契約しているサービスを引き続き受けれるエリアの場合で、継続利用を希望する場合は解約時の電話でその旨も伝えましょう。その場で引越し先での立会いや手続きなどの方法についても説明してくれますので、二度手間にならずに済みます。3月となって市内には引越し業者のトラックが頻繁に目に付くようになっています。この時期は一人暮らしの引越し費用もなかなかのお値段となるようですが、でもそうも言っていられないのがこの時期です。足元を見るのも商売なんですよね。